引越し当日、自分たちで持っていくべきものは?

引越し業者のサービスがいくら幅広く充実しているといっても、
依頼者が「完全に手ぶらで新居に行く」というのは、さすがに無理です。

 

引越し当日に、自分たちで持っていくべきものにはどんなものがあるか、それを知っておきましょう。

 

引越し業者が運搬できない現金等は必ず自分たちで持っていこう!

現金有価証券宝石や貴金属などの貴重品
通帳キャッシュカードなどは、基本的に、
「引越し業者が運搬してはいけないもの」です。
ですからこれらのものはまとめて、きちんと身につけておきましょう。

 

特に、現金と印鑑は絶対に忘れないように。当日の引越し代金支払いの際に必要になってきます。
現金は「見積もりの引越し額プラス、念のために多少の余裕を持たせた額」を用意して下さい。

 

荷解き用の用具を持っていこう!

引越し荷物の荷解き作業のために、

 

はさみやカッター軍手ぞうきん
捨ててもいい古タオルゴミ袋
などを、ざっくりした紙袋にまとめて
入れて持っていくのもおすすめです。

 

もちろんこれらのものは引越し業者に運んでもらうこともじゅうぶん可能なのですが、自分で持っていったほうが、すぐに作業に取りかかれますしね。何より「あの用具どこだっけ」と探す手間がありません。

 

あと、新居ですぐ使うための道具、と言えば、掃除機を自家用車で運ぶ、というのも意外とおすすめです。
こうしておけば、家族が2人以上いる家庭であれば、「1人が作業員と荷解き・設置の打ち合わせをしている間に、他の家族が新居に掃除機をかける」ということが可能になりますよ。新居での生活をできるだけ、きれいな状態で迎えましょう!