荷作り前に用意しておきたい荷作り用品

引越しの際、荷作りをどこまで業者にまかせるかはそれぞれの家庭次第ですが、大半の家庭では

 

「家具などの大きな荷物の荷作りは業者にまかせるけど、服や食器・本・その他の小物の荷作りは自分たちでやる」

 

という、もっともスタンダードなコースを選ぶことでしょう。

 

「小物から何から、すべての荷作りを業者におまかせ」というコースは、
どうしても高額になってしまいますからね。小物などの荷作りを自分たちでやる場合、大切になってくるのが、自宅での「荷作り用品」の準備です。忙しい荷作りの際に「あれがない、これがない」とあわててしまわないために、事前に荷作り用品を準備しておきましょう。

 

用意しておきたい荷作り用品はこれだ!

自分たちで小物などの荷作りをする場合、必要となってくるのは以下のようなものです。

 

ダンボール箱
軍手
油性のマジックペン
「割れもの注意」「天地無用」「下積厳禁」などのラベル
ガムテープ
荷作り用のひも
古新聞・プチプチ
いらない古タオルやぞうきん
コロコロテープ・はたき・モップなどの掃除用具
はさみ・カッター
セロテープ
ビニール袋大小
紙袋
輪ゴム
ドライバーやなどの簡単な工具類

 

この中で「割れもの注意」などのラベルは、パソコンなどで自作するのもOKです。わざわざシール状のものに印刷しなくても、普通の紙でラベルを作り、裏に両面テープをつける、というやり方でOKですよ。

 

あと、ゴワゴワしないタイプのビニールシートを買い、荷作り作業はそのビニールシートの上でやるのがおすすめです。こうすることで、荷作り時の小物の落下などによる、床のキズ発生のリスクを下げることができますからね。

 

荷作り用品は引越し業者が用意してくれることもある!

さて、「荷作り用品を事前に準備しておこう」といっても、あまり早くから用意しておくのはおすすめできません。

 

なぜなら、荷作り用品は、引越し業者がある程度サービスしてくれることもあるからです。
特に、「契約が決まればダンボール箱プレゼント」という制度をとっているところは多いですからね。

 

荷作り用品の購入は、引越し業者が決まって、その引越し業者から「もらえる、または無料で貸してもらえる荷作り用品」がないかどうか、あればその内容はどんなものか、というところまでの確認を終えてからにしましょう。