失敗しないための荷作りのコツ

引越しの荷作りというのは、段取りよくやらないと、意外とやっかいなものです。

 

「せっかく荷作りしたのに、引越しまでにまた使わなければいけないことがあって、
梱包済みのダンボールの山から必死で探すハメになった」

 

「早くから荷作りをやっていたのはよかったけど、どこに何をしまったか分からなくなった」

 

「荷作りのために荷物を広げてしまったため、生活スペースに大きな支障が出てしまった」

 

などという失敗談はあとを絶ちません。
スッキリ効率よく荷作りするためのコツをご紹介しましょう!

 

ダンボール箱への荷作りの基本

ダンボール箱に荷物を入れて荷作りする際は、以下の基本スタイルを守りましょう。

 

重みのあるものは下のほうに入れて、軽いものを上のほうに入れる。

 

箱の重さは「一人で持ち運びができて、なおかつダンボール箱の底が抜けないレベル」

を守ることが大切なので、重い荷物を入れる場合は小さめのダンボール箱を使用すること。

 

引越しの際、作業員に、その荷物の取り扱いをどうすればいいか分かってもらうために

「割れもの注意」「天地無用」「下積厳禁」などのラベルを、必要に応じてきちんと使うこと。

 

荷物を詰めてダンボール箱の上にガムテープを貼る前に、入れた荷物をしっかり確認して、

「この箱に何が入っているか」を直接ダンボール箱に書く。

 

ダンボール箱に荷物の種類を書く時は、ダンボール箱の上だけでなく側面にも書いておくこと。

 

荷物の間にすき間がある場合は、くしゃっと丸めた古新聞やプチプチを入れてすき間を埋め、

荷物がガタガタと箱の中で動かないようにする。

 

ばらけて紛失しやすいリモコンなどはひも等でひとまとめにした上で、

すべて同じダンボール箱に入れるのがおすすめ。

 

引越し先の新居で、引越し後にすぐに使うと思われるものは、「引越し当日用」などと書いた専用の箱を用意し、そこに入れること。

 

荷作り専用の部屋またはスペースを確保しよう!

荷作りというのは、どうしてもあちこちに荷物が散乱してしまうような状態になりやすいので、それを防ぐために、荷作り専用部屋を作っておき、その場以外では荷作り用の荷物を広げないようにする、というやり方がおすすめです。

 

ビニールシートを敷いておくと、床のキズ防止になるだけでなく、「この部屋は荷作りのためだけの部屋」という認識もしやすいですよ。

 

部屋数の関係で荷作り専用部屋が作れない場合は、部屋の隅に2〜3畳くらいの大きさの荷作り専用スペースを確保しましょう。これもビニールシートを敷いておけば、「このスペースは荷作りのためだけのスペース」という見分けがつきやすいのでおすすめです。