引っ越し作業をスムーズに行うための荷造りのポイント記事一覧

引越しの際、荷作りをどこまで業者にまかせるかはそれぞれの家庭次第ですが、大半の家庭では「家具などの大きな荷物の荷作りは業者にまかせるけど、服や食器・本・その他の小物の荷作りは自分たちでやる」という、もっともスタンダードなコースを選ぶことでしょう。「小物から何から、すべての荷作りを業者におまかせ」というコースは、どうしても高額になってしまいますからね。小物などの荷作りを自分たちでやる場合、大切になっ...

引越しの荷作りというのは、段取りよくやらないと、意外とやっかいなものです。「せっかく荷作りしたのに、引越しまでにまた使わなければいけないことがあって、梱包済みのダンボールの山から必死で探すハメになった」「早くから荷作りをやっていたのはよかったけど、どこに何をしまったか分からなくなった」「荷作りのために荷物を広げてしまったため、生活スペースに大きな支障が出てしまった」などという失敗談はあとを絶ちませ...

荷作りの際に、特に注意をしなければいけないのが、食器類などの「割れもの」の取り扱いです。当たり前の話ですが、何も考えずに無造作に割れものをダンボールに放り込んでしまうと、運搬時の衝撃でキズや割れが生じることは避けられません。きれいな状態で割れものを引越し先の新居まで運搬できるよう、きちんとした荷作りをしていきましょう!割れものを入れるダンボール箱の底に、新聞紙かプチプチを敷こう!まず最初にやってお...

引越しの荷作りの中でも、容量的に結構なウエイトを占めるのが「衣類」です。衣類の荷作りをする際のポイントをいくつかご紹介しましょう!「ハンガーボックスの無料貸し出しがあるから安心」の油断は禁物!近年では、引越しの際に、衣類を吊った状態で収納・運搬できる「ハンガーボックス」を無料で貸してくれる引越し業者が多いため、昔に比べると衣類の運搬はかなり楽になりました。ですが「ハンガーボックスがあるから衣類の荷...

タンスの中の衣類をわざわざダンボール箱に入れて荷作りしなくても、タンスそのものを毛布や緩衝材などで包み、そのまま運んでくれる、というサービスを展開している引越し業者が結構あります。これって、とても手間が省けて効率的な最高のサービス・・・と思えるのですが、実はリスクもあるものだということをご存知でしょうか。「タンスを丸ごと梱包・運送」のリスクタンスの中身を入れたまま運搬することの一体どこにリスクがあ...

引越しの際の荷作り時に「多くの人がやってしまいがちだけど、実はやってはいけないこと」があるのをご存知でしょうか。ここではそれについてお話ししましょう。ダンボール箱の「底」に気をつけよう!引越しの荷作りの際に欠かせないアイテムと言えば段ボール箱ですが、あなたはこのダンボール箱の底を、どのような状態にしていますか?まず、ダンボールの4つの辺を交互に重ねるようにして組む、いわゆる『卍折り』にするのは絶対...