いらないモノはどんどん捨てよう!

引越しというのはとても面倒なものですが、ある意味、「いらないモノを捨てる大チャンス」でもあります。
こんな時でもなければ、家じゅうの荷物をすべて調べるようなことはありませんからね。

 

新居での生活をスッキリキレイな状態で迎えるためにも、いらないモノはどんどん捨てていきましょう!

 

荷物のリストを作り、捨てていこう!!

引越しを機に、いらないモノをどんどん捨てるための最初のステップは、
「引越しすることが決まった時点で、荷物のリストを作る」ということです。

 

大きな荷物のリストを、部屋ごとに作りましょう。
ノートに書き出したり、パソコンにデータとして入力していけばOKです。

 

たとえば夫婦の寝室のリストの場合、
「シングルベッド2・クローゼット大1・チェスト1・本棚1」という感じで作っていきます。

 

大きな荷物のリストがすべてできたら、次は中小の荷物の整理です。
大きめのダンボールを用意して、「これはもう数年使っていないな」というものを、とりあえずどんどんその中に入れていきましょう。2年以上使っていないものは、その後も使わない可能性が高いですよ。

 

そして中小の荷物で捨てるものをダンボールに入れきったら、
それを種類ごとに分けて、処分の方法を考えていきましょう。

 

中小の荷物がスッキリしたら、「大きな荷物で何が捨てられるか」というのも明確になってくるはずです。たとえば「着ない服を捨てていったら、中身がほとんど残らなかったクローゼット」などは捨ててもOKでしょう。また、いらない荷物をすっきりさせることで、収納家具の中もよく見えるようになり「今まで気付かなかった破損」などにも気付くことがあります。大きな破損が見つかった家具は、どのみち引越し先に持っていっても、それほど長くは使えませんから、これも捨てるようにしましょう。

 

いらないモノを捨てていくタイミングはいつ?

さて、荷物のリストを作って、
実際にどんどんいらないモノを捨てていくのはどのタイミングがいいのかというと・・・

 

ズバリ「引越しが決まってから、引越し業者に見積もりを取ってもらうまでの間」です。
あらかじめ捨てるべき荷物を捨ててスッキリさせておけば、見積もりも正確に出してもらえますからね。

 

これを事前にやらなかった場合、「あれは後で捨てる予定なんです」と見積もりに来た引越し業者に伝えておきながら、結局引越し当日まで捨てることができなかった・・・などというような状態にもなりかねませんよ。