引越し作業でキズや破損のトラブルが起きたらどうなる?

引越し業者は
「引越し作業のプロ集団」とは言え、
やはりどうしても、キズや破損のトラブルが起こってしまうこともあります。

 

もし、あなたの家庭の引越しにおいて、
そんなトラブルが起こってしまったら、
どうすればいいでしょうか?

 

引越し作業中にキズや破損に気がついた時の対応

引越し作業中に、キズや破損のトラブルが発生したと気付いた時は、作業員にそれを伝えて、
「これは引越し作業によるキズや破損である」ということをその場で確認してもらいましょう

 

基本的には、引越し作業員の荷作り・運搬・設置が原因で出来たと思われるキズや破損については、
補償の対象となります

 

なお、キズや破損の補償対象は、引越し荷物そのものだけでなく、引越し前の住居および新居そのものにも適用されます。つまり「引越し作業時に壁や床に荷物がぶつかって、その壁や床にキズがついた」という場合でも、その補修代金を補償してもらえる、というわけですね。

 

ただし、補償の内容は、トラブルの内容によって違ってきます。「キズがついたから新品に買い替えるお金を下さい!」と言っても、修理で対応が可能なものであれば、新品への買い替え費用は出してはもらえません。

 

引越し業者が帰ったあとにトラブルに気付いたら?

引越し作業が終わるまでに気付いたトラブルについては、作業員も目の前にいて、そのトラブルの状況をしっかりと確認してもらえるので、補償などの請求も結構スムーズに行くのですが、作業員も引き払ってしまった
「引越し終了後」に気付いたトラブルについては、どうすればいいのでしょう?

 

まず、基本的には、引越し日から3ヶ月以内であれば、補償が可能です

ですが「じゃあ3ヶ月以内に見つければいいんだ」と、のん気に構えるのはダメですよ。なぜかというと、日が経てば経つほど、「このキズ・破損が引越し業者によって発生したものだという証明」が難しくなってくるからです。

 

引越し業者としても、「普通なら、すぐにでも気付いて当たり前」というような場所のキズや破損を、日がずいぶん経ってからお客から指摘されたとしても、「それって本当にうちの責任なのか、引越しよりあとについたキズじゃないのか」と疑ってしまうのは無理もない話ですからね。

そのような無用のトラブルを避けるためにも、キズ・破損のチェックは引越し後の数日間で集中的にやってしまうべきです。破損のリスクが低い衣類などのチェックは後回しでいいですから、家具や家電・割れものなどのチェックを優先しておこなうようにしましょう。