引越し作業員にチップは必要?

引越しを業者に頼んだ際に結構気になるのが、
「引越し作業をしてくれた作業員に、チップは必要か」ということです。

 

「日本にはそもそもチップの文化なんてないんだから必要ない」
とバッサリ考える人もいるでしょうが、実際のところはどうなのでしょう?

 

建前としては「チップは必要ない」が・・・

引越し業者の建前としては、「チップは特に必要ありません、お気遣いなく」という答えになるのですが、じゃあ本当にそれを額面どおりに受け取っていいのかというと、そういうわけでもありません。

 

実際、私の友達も引越し作業のアルバイトを長年やっていましたが、やはり本音としては「チップをもらえたほうが嬉しい、張り合いがある」という部分があるようです。やっぱり人間ですからね、少しでもお金をもらえたほうが嬉しいというのは当然の感情です。

 

ですから、できれば作業前に「今日はよろしくお願いします、お昼代がわりにどうぞ」というような感じで、作業員1人につき1000円から2000円程度のチップを渡すほうがベターだと、私は考えます。

 

こうしたちょっとした心遣いをすることによって、作業員が「よし頑張るぞ」という意識を持って、しっかり丁寧に引越し作業をやってくれたら、安いものですよね。
また、トラック運転手も、大切な荷物を新居まで運んでくれる人なのですから、こちらにもチップを渡しておきたいものです。

 

あと、「チップ代わりに昼食を用意しよう」と考える人もいますが、作業員の中には弁当持参の人もいる可能性があるので、これはあまりおすすめできません。

 

チップを一切お断りしている業者もある

そんなわけで、作業員へのチップは、渡す必要はないという建前はあるものの、できれば渡すほうがベター・・・

 

というところなのですが、引越し業者の中には、チップを絶対に受け取らないというスタイルをとっているところもあります。チップを渡そうとしても「いや、うちの会社では受け取っちゃいけないんです」などと断られた場合は、しつこく押し付けるのはやめましょう。

 

アンケートハガキを出してあげよう

引越し業者の中には、引越し作業が終わったあと、
作業員の対応等について、アンケートのハガキが渡されることがあります。

 

引越し作業の内容に満足しているなら、このハガキは、できるだけ、出してあげましょう。
というのも、引越し会社の中には、このアンケートハガキの結果が良ければ、それが作業員への手当てとして、いくらかプラスされるところもあるからです。

 

たとえ、作業員に対して金額的なプラスがなかったとしても、「この日にこの家の引越し作業をやった作業員は良かった」ということ自体は確実に引越し業者に伝わりますから、印象面でのプラス効果は絶対に与えられます。

 

もちろん、引越し作業に不満がある場合もハガキは出してOKです。不満の声は、その引越し業者の今後の業務改善に役立てられますからね。

 

つまり、引越し作業に満足していようと不満があろうと、ハガキを出すことには意味がある、ということです。面倒くさいと思わず、ぜひ出してあげましょう。