冷蔵庫・洗濯機の引越し準備

冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は、基本的に運搬そのものは引越し業者がやってくれますが、
それでも、自分たちである程度の「事前準備」は必要です。

 

どんな事前準備がベストなのかをお教えしましょう!

 

冷蔵庫の引越し事前準備

まず、言うまでもないことですが、
冷蔵庫は引越しの事前準備として「中身をカラにしておく」ということが必須です。

 

どうしても冷蔵庫の中身が残ってしまった場合は、クーラーボックスや発泡スチロールの箱に、残った中身を保冷剤とともに入れて密閉し、引越しに備えましょう。

 

あと、「冷蔵庫の中身」で、意外と見落とされがちなのが、自動製氷機の水と氷です

 

自動製氷機の水入れから水が減って、それが氷になるまではある程度の時間がかかるので、製氷のための水を捨てて「中身をすべて出した!」と思っても、実は製氷皿には水や氷が残っていた・・・というケースも少なくないんですよ。ですから製氷のための水は早い段階からカラにしておき、「最後にできあがった凍りも忘れず捨てる」ということを心がけましょう。

 

また、冷蔵庫の「水受け皿」にも水がないかどうかチェックしておくことも大切ですよ

 

中をすべてカラにした上で電源を抜けば、あとは業者におまかせしましょう。間違っても、「運搬しやすいように、自分たちで玄関まで運ぼう」などという素人判断をしてはいけません。
なぜなら、素人の冷蔵庫運搬はどうしても「2人がかりで、冷蔵庫を水平に持つ」というような形になりやすいのですが、実は冷蔵庫は水平にすること自体が厳禁なんですよ。コンプレッサーのオイルが流れて、それがパイプに詰まって故障してしまう可能性があるのです。
自己判断での荷運びが原因で故障を招いてしまっては、元も子もありませんよ。

 

洗濯機の事前準備

「洗濯機の事前準備なんて、コンセントを抜けばいいだけじゃない」と思われるかもしれませんが、
できれば、洗濯機の底にたまった水を抜いておきましょう。

 

洗濯機の底には、日ごろの洗濯機の排水では流れきらなかった少量の水が溜まっているケースも少なくありませんので、排水ホースのある方向に洗濯機を傾けて、その溜まり水を流すのです。

 

排水ホースの中にも排水が残らないよう意識しながら、すべてを出し切って下さい。

 

エアコンの事前準備

さて、冷蔵庫・洗濯機という、大型の白物家電の名前が続くと、
「そういえばエアコンはどうしたらいいの」という点が心配になる人も多いでしょう。

 

結論から言えば、エアコンは「素人は手を出さない」というのが正解です。エアコンの取り外し・取り付けにはそれなりの専門技術が必要ですので、素人判断でやろうとすると故障の原因となってしまいます。ですからこれはすべて業者におまかせしましょう。

 

あえてエアコンについて、引越し前の必要な準備を言うなら、
「引越しの数時間前にはエアコンのスイッチを切っておく」ということぐらいでしょうか。

 

近年のエアコンは、結露の防止や自動掃除機能などがあるため、スイッチを切っても、しばらくはそれらの機能を使うために動作していることが多いので、それらの動作がすべてきちんと終わってから取り外せるように、早めにスイッチを切っておいたほうがいい、というわけです。