パソコン・AV機器・オーディオ機器荷作りのポイント

引越しの荷物の中でも、荷作りにおいてかなりの配慮が必要になるのが、
パソコン・AV機器・オーディオ機器などです。

 

これらの機械は、いずれも「精密な電化製品」であるだけに、衝撃にことさら弱い傾向があるんですよね。

 

引越しによるダメージを最小限に抑えるポイントをご紹介しましょう!

 

パソコン等のもっとも理想的な梱包とは?

まず、パソコン等の精密機器を梱包する際、どんな梱包がもっとも理想なのかというと・・・
「それらの機器を購入した時についてきた箱と緩衝材で、購入時と同じような状態にして梱包する」
ということです。

 

購入時の箱や緩衝材は、工場出荷時からさまざまな運送ルートをたどって、購入者であるあなたの手元に届くまで「どれだけ揺らされてもそのダメージが最小限で済むように、問題なくその機器が使える状態を保てるように」ということを考え抜いて作られていたものです。

 

ですからもしそうしたものを残していれば、迷わず利用しましょう。

 

購入時の箱や緩衝材がない時はどうする?

パソコンなどの精密機器の荷作りは、購入時の箱や緩衝材を使うのが理想とはいえ、実際のところ、それをすべて自宅保管している人は少ないです。やたらとかさ張りますから、保管しておく場所がないんですよね。

 

そんな時は仕方ないので、以下のような点に気をつけて梱包しましょう。

 

梱包する機器よりも、じゅうぶん大きさにゆとりを持ったダンボール箱を用意すること。

 

ダンボール箱の底には、「くしゃくしゃにしてから丸めた新聞紙」を2層ぐらい、ギッシリと敷き詰めること。

 

ダンボールの下に新聞ではなくプチプチを使う場合、プチプチはシート状のまま重ねて使うのではなく、ロール状に丸めたものを何本も並べて、下に敷き詰めること。

 

機器そのものは、毛布やケットなどを使って、しっかりと包むこと。

 

毛布やケットで包んだ機器を、丸めた新聞紙やプチプチの層の上に静かに置いて、あとはすき間ができないように、周りにも丸めた新聞紙やプチプチを入れること。

 

ダンボール箱のふたを閉める際、上にもすき間ができないように、しっかりと新聞やプチプチで埋めること。

 

機器名をマジックでダンボール箱の上面と側面に書いて、さらに「精密機器」「取扱い注意」などと赤ペンで書き、「割れもの注意」のラベルも貼ること。

 

「機器ひとつにつき、ダンボール箱を1箱使う」という大原則を必ず守ること。箱の大きさに余裕があるからといって、複数の精密機器を同じ箱に入れるのは絶対にNG。

 

配線管理のちょっとしたコツ

パソコンやAV機器・オーディオ機器は、引っ越したあとに、きちんと配線をするのが意外と大変です。

 

これを楽にするためには、荷作りで配線を本体から抜く前に、機器本体と配線に番号を書いたラベルをつけておくのが便利です。「新居での配線作業は、差込口と同じ番号の配線を差せばOK」という状態にしておくわけですね。

 

番号ラベルは、あまり粘着力が強くない、はがしやすいものを使いましょう。