便利屋さんに引越しを頼むのはどう?

便利屋のホームページなどを見ると、
引き受けられる仕事の中に
「引越しのお手伝い」などという言葉が出てきます。

 

だったら、引越し業者よりも便利屋に頼んだほうが安いかも?と思いますよね。

 

便利屋に引越し作業を頼むことって、
実際のところはどうなのでしょうか。

 

便利屋にできることとできないこと

まず結論から言うと、便利屋というのは、
「引越し作業の手伝いはできるけど、引越しの一連の作業をすべてやれるわけではない」
という立場です。

どういうことかというと・・・
便利屋が引っ越し作業の中で担当できるのは、「荷作り」「トラックへの荷物の積み下ろし」「新居での荷解き・設置」などであり、「便利屋のトラックで荷物を運ぶ」ということは、実はできないんですよ。

なぜ、便利屋のトラックで荷物を運んではいけないのかというと、
便利屋は「他人の荷物を有償で運ぶ」という仕事をする認可を受けていないからです。

 

こうした認可を受けているトラックは、ナンバープレートが緑色か黒色となっていますが、便利屋のトラックはほぼ間違いなく、普通の白ナンバーです。

 

たとえ白ナンバーであっても、「陸運支局の許可を受けていれば、許可証を所持した上で繁忙期等については、特別に白ナンバーでの荷物有償輸送もOK」という規定があるのですが、便利屋は基本的にこの許可証も持っていません。

 

他人の荷物を、有償で運ぶ権利のない便利屋に、それでも引越しの荷物運びを依頼した場合どうなるかというと、引き受けた便利屋が処罰されるのは当然ですが、それを利用したあなたも処罰の対象となるのです。

 

引越しの荷運びを引き受けている便利屋もあるけど?

さて、ここまで話を聞くと、「でも、トラックでの荷運びまで引き受けてくれるようなニュアンスで宣伝している便利屋もあるよ」と思う人もいるでしょう。

 

そう、実際のところは、そのように思わせる広告を出している便利屋も少なくありません。

 

その便利屋が違法なことをしていないかどうか、確認する方法は簡単です。
その便利屋が、以下のいずれかの認可を受けているかどうか、確認すればいいだけです。

 

一般貨物自動車運送事業者
貨物軽自動車運送事業者
貨物利用運送事業者

 

これらの中で、どの認可も受けていないようであれば、その便利屋がトラックで引越し荷物を有料で運ぶのは違法です。そんな違法行為を引き受けようとするモラルのない業者は、他の作業についても信用できない、と警戒するべきでしょう。